借金は離婚の原因になりやすい

離婚の問題にはお金が関わっていることが多く、お金のストレスから離婚に至るケースはよくあります。結婚をすると自分の借金は夫婦の借金と言われるように、借金の影響が自分以外にも及んでしまいます。お金が問題の離婚を防ぐためには、借金をしないことが何よりの対策です。

お金の使い方を見直してみて、浪費傾向があるなら改善していく必要があります。

借金で夫婦仲が悪くなるケースは多い

離婚の原因と言えば性格の不一致が一番に挙げられており、それ以外では浮気や暴力などが多いです。また、夫婦仲が悪いケースにおいてはお金の問題が絡んでいることが多く、お金は無関係と思える場面でも間接的に関わっていたりします。

例えば、金銭的に余裕がなくなると夫婦仲がギスギスしてきて、些細なことで喧嘩になることが多いです。借金が原因で離婚に至るケースは多々あり、特にキャッシングなどの多目的ローンから借入している場合は注意が必要です。

独身時代の借金はすべて自己責任で済ませられますが、夫婦生活を送るとなるとそうはいきません。自分の借金は家族の借金と言われるように、配偶者や子供にも影響してきます。小遣いの範囲内で返済できる借金なら特に問題はありませんが、家計に影響するような借り方には注意してください。

借りたお金には利息が発生し、利息の分だけ貧乏になってしまうのです。そして、金欠を解消するために追加で借入をして、さらに利息を増やすという悪循環に陥っていきます。冷静に考えると納得できることですが、借金をする時点でお金に余裕がないのです。

そうした状況で借入をしても返済が厳しくなるのは目に見えています。健全な夫婦生活を送るためにも、借金は離婚の原因になると認識しておきましょう。

悪い借金をしないことが大切

借金には良い借金と悪い借金があり、住宅購入や教育ローンなどは前者で、浪費のための借入は後者となります。借金が離婚の原因になってしまう場合、浪費癖が関係していることが少なくありません。収入・小遣いの範囲内で生活をせずに、身の丈以上の消費をしているのです。

お金にだらしない人は、お金以外でもだらしないと言われているように、お金の問題は人間性を映し出す鏡と言えるでしょう。そして、お金の使い方とは長年の人生で身につけた癖のようなもので、簡単には改善することができません。

ギャンブル好きな人と付き合っていて、結婚後にギャンブルをピタリとやめてくれるケースは皆無ではありませんが、その可能性は低いと考えてよいです。悪い借金をしないためには、お金を使うときに消費と浪費のどちらに当たるのか考えてみることです。

健全な消費は生活を豊かにしてくれますが、浪費にはデメリットしかありません。衝動買いをしてしまう方、ギャンブル依存の方などは借金癖が付きやすいので注意してください。そもそも浪費癖のある方は節約が苦手であり、借金をするということは今後の生活で節約を強いられるということです。

浪費をしている瞬間は楽しいかもしれませんが、やがて借金の返済日がやってきます。買い物依存やギャンブル依存が離婚の原因になりやすい理由は、家計に打撃を与えてしまうからです。

借金が経済的な虐待につながることも

経済的虐待が離婚の原因となることは多く、その背景には借金が潜んでいることがあります。キャッシングなどの繰り返し借入できるローンはATMで気軽に借りられるので便利ですが、借りたお金は自分のお金ではありません。

どんなに高収入を稼いでいる人であっても、それ以上に浪費していれば収支のバランスはマイナスになります。浪費癖のある人はたとえ年収が3倍になったとしても、お金のない生活から脱却できないのです。たくさん稼いでも貧乏になってしまう人は、お金の使い方が根本的に間違っているわけです。

恋人同士のときはお金がなくても楽しいと思えるかもしれませんが、結婚すると現実を知ることになります。相手の良い面に加えて悪い部分がよく見えてくるようになり、さらにそうした状況で金欠に陥ると愛情が一気に冷めてしまうものです。

お金がなくても愛があれば大丈夫という言葉がありますが、現実はそう甘いものではありません。金欠によるストレスから夫が妻に暴力を振るうという話は多く、それが離婚の原因になるケースは多々あります。

借金をした分だけ収入は減ります

毎月のローン返済が10万円ある人は、実質的に収入が10万円減ることだと考えてよいでしょう。住宅やクルマの購入のためにローンを組むならモノを残すことができますが、浪費のためのローンは文字通り借金しか残りません。

特に、リボ返済を選んでいる人は利息地獄に陥りやすいので注意してください。リボ返済は最も利息が膨らむ返済方法であり、これは毎月の返済額を少額に抑えて長年かけて完済していくためです。元金が非常に減りにくい仕組みのため、元金に対する利息が増えてしまうわけです。

リボ返済を選んでいる人は、将来的に借金が原因の離婚に至りやすいと考えておきましょう。自力返済をするためには小遣いを節約して返済に回すという方法が現実的ですが、借金癖は簡単に抜けるものではありません。自分自身を律するためにも、思い切って家族に借金をしていることを話してみるのもありです。

無駄遣いをしない宣言をする、家族に債務状況を毎月伝えるなどの工夫をすることで、効率的に返済できるようになる場合があります。

借金が原因で離婚をすることは可能です

金の切れ目が縁の切れ目と言われるように、配偶者の借金が原因の離婚は成立するケースが多いです。小遣いの範囲で浪費する分には自己責任で済ませられますが、借金をすると確実に家族に悪影響を与えます。そもそも借金をする人は貯金がほとんどなく、収支がマイナスになっているのが普通です。

貯金がないと急な出費に対応できませんから、日々の不安は大きくなるばかりでしょう。突然の怪我・病気や子供の教育費、老後資金などで頭を悩ませることになります。配偶者が借金をしているとわかったら、まずはやめるように諭してみましょう。

夫婦でよく話し合って借金を返済してもらうように促します。それでも借金をやめずに、家計に打撃を与え続けるようなら離婚の話を持ち出してもOKです。また、離婚をしても相手の借金を負担する義務はありません。相手が本当に反省しているようなら、債務整理をさせてケジメをつけさせるのも一つの方法です。

やってはいけないことは借金の肩代わりをすることであり、借金癖のある人に対して行うと再び借金を繰り返すようになります。